日々ノコト

12 01

師走

師走

 

ほんとに「あ」って言うてる間に12月。

コロナのせいにしてきましたが、後半はなんだか

ずっと小走りに過ごしていた感じでした。

病気になるって色々としわ寄せが来るのですね。

普段ほとんど寝込んだりするほど弱らないので、痛い

ほど思い知った2023年でした。

頭痛持ちの私ですが、コロナ後頭痛の頻度がかなり

下がりました。

12月はそうもいかないかもしれませんが。

私の頭痛は気が上がる系(いわゆる頭に血が上って...

という感じ)

これって夏の暑さとコロナで気虚になりすぎて上がる

べき気が足りてないんちゃうやろかと思ってます。

あかんやん。

春になると私のような気上がり系の不調を感じる方も増えます。

特に冬の養生を怠って下半身が冷えてパワーダウンしたり、潤いが足りなくなると

余計な熱を冷ます冷却水不足でイライラの熱が燃え盛ります。

それを防ぐために腎の陰を補ってあげることが春の養生にも繋がります。

適度に牡蠣食べといてくださいよー

そしてこのお茶まさしく補腎陰の薬膳茶。

私世代のお年頃のみなさんにもとてもおすすめの滋陰茶です。

ご予約ありがとうございました。

 

昨日は1月のレッスンへのご予約をたくさん戴き

まして、ありがとうございました。

3種類しかレッスンが無かったうえに、羊や小麦粉

(餃子)やと

その他にも好き嫌いの分かれる内容で「辞めとこ」と

思われた方も多かったかもしれません。

ごめんなさい。

また2月に是非是非お越しくださいませ。

2月にも河図薬膳があります。

1月は腎の陽、2月は陰。

腎陰を充実させることは肝の養生に深い繋がりがあり

ます。

陽の①号同様、陰の⑥号も使う食材が少ないので取り

入れやすいと思います。

ごはん、お茶、そしてこの写真の甘いのんで完成。

でも、それではおなかは完結しないので、もちろん

おかずも作ります。

 

1月の河図薬膳は現在すべて満席ですが、キャンセル待ちのご希望も是非お寄せください。

あと残り僅かの空席になってしまいましたが、suola-a(29日)、中国茶ことはじめ(24日)に

空席がありますので、よろしければ是非!

それと、こそこそ書いておきますが、今月の5日、6日、7日、18日も1席ずつ空いてますので、

こちらも是非に。

1月のご予約を承っております/追加開講のお知らせ

 

本日より1月のご予約を承っております。

週末のお料理クラスはすべて満席になりましたので、

2月4日にsuola-aと中国茶ことはじめ<甜>を追加で

開講いたします。

まだお席余裕ありますので、是非ご検討ください。

●追記●満席になりました。

 

平日はまだまだたくさん空いておりますので、

平日組のみなさま、

どうぞよろしくお願いいたします。

11 27

クスパ

クスパ

 

先月「辞めます」ってお伝えしましたが、前言撤回

とりあえず辞めないことにしました。

ただ今後上手くいかない部分が出てきた場合は

やっぱり辞めると思います。

色々あちらの事情もあると思いますが、こちらの事情

あるので。

無料のプランに変更したので、キャンセル待ち機能が

使えなくなりました。

今まで利用されていた方はDMかこのサイトの問い

合わせフォームをご利用ください。

そうこうしているうちの明日の夜0時からご予約

スタートです。

人気があるのはpippuriなのかsuola-aなのか...

いつも私の勘はハズレるので、なんとも...ですが。

suola-aは温め食材かつスパイシーな素材が集合して

いるので、ごはんはちょっと肩の力をぬいたやさしいお味で。

画像では香菜(パクチー)を使っていますが、芹でもいいなぁと思っておりまして。

今の時期、この辺りにはまったく芹が見当たらず。

パクチーでも三つ葉でも芹でも、しっかりと気を巡らせてくれる存在が必要なのです。

バランスとして。

週末は2枠しかありませんが、ご希望が多かった際には2月3,4日の開講も検討しますので

ご予約の際にお知らせください。

11 26

小雪

小雪

 

...に入っておりました。

昨日、今日はそれらしい寒さ。

一歩ずつ冬への歩みが進んでいるとはいえまだまだ

暖かさが残っている感じ。

今年は暖冬だと言われていますが、そうなのかな。

今月はにんにく、唐辛子を結構たくさん使っていて

(レッスンで)そのおかげか身体の芯の温かさが

保たれている感じがあります。

この調子で冬乗り切りたいなぁ。

コロナアフターの冬、結構不安。

そんな私のお助けにもなってくれるであろう1月の

河図薬膳。

補腎陽。

腎の働きを高めれば、寒さも乗り切れるし、何より

生きるパワーを得ることが出来ます。

餃子のあんに使う食材は郭先生の処方に使われている

食材ではありませんが、メインの食材の後押しになってくれるものばかり。

水餃子には帆立と豚肉と豆苗。

そして今回は皮も作りますよ。

あっさりした餃子にパンチのある食べる辣油をあわせて冬のパワーアップレシピです。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る