日々ノコト

12 30

潮時

汁粉

 

結構温かい年の瀬で色々やらねばならないことも捗り

ますね。

お天気もいいし。

9年前までは30日の今頃はねじり鉢巻きくらいの

勢いでおせちを作っていましたが、今は穏やかに過ご

しています。

あの達成感はもう得られることはありませんが、いい

潮時だったとつくづく思います。

プラスの思いや感覚ももちろんありますが、抱える

ストレスの重さは身体の中の潤いという潤いを奪い、

熱に変えてしまうので、年明けの私の陰虚っぷりは

えげつないことになっていました。

陰大事。

そこまでえらいことになる方はないかと思いますが、春はストレスに弱い肝が

ダメージを受けやすい季節。

腎の陰をしっかりと増やして春に向かうことで、肝のダメージを和らげることが出来ます。

黒いものの中でも脂質の多い黒胡麻は上質な潤いをもたらせて、

補腎してくれるお年頃の女子にはうれしい黒食材。

更に棗を加えた豆乳でお汁粉にするこで、養血の働きも加えていきます。

春の不調を和らげるためには冬の終わりの補腎がとても重要です。

しっかり陰を補って春に備える甘いお汁粉です。

 

 

 

2月のスケジュール間違いがありました。

 

生徒さんから知らせて戴いて気づいたのですが、

2月23日と25日の中国茶ことはじめが10:30-16:30と

いう合宿のようなスケジュールになっておりました。

正しくは14:00-16:30です。

失礼いたしました。

 

午後からのクラスなので作りおき出来るものだけに

なってしまいますがsuolaはパンデピスとスコーンを

ご用意します。

写真はパンデピス。

本来はライ麦粉を使い、スパイスをきかせて作る

パウンドケーキのようでそうじゃないパン。

今回は先にライ麦のスコーンを決めてしまったので、

パンデピスはライ麦なしのレシピで作ろうと思っております。

12 27

大掃除

318526497_5410770212361547_1532944149055817066_n.jpg

 

というほどでもない、普通の掃除を終えました。

これ以上片付かない。

というのも、お茶の道具が増えすぎて...

でも、掃除機かけて、拭き掃除したらちょっとだけ

地獄から脱せた気がする。

がんも(老猫)がずっとこの部屋で寝てるのでばた

ばたして、お邪魔してはいけませんしね。

死なない程度に埃を片付けました。

さっきまでは致死量寸前の埃の中で暮らしてましたから...

そんな先生からお料理習いたくないですね、

めんなさいよ。

来年はもうちょっと掃除も好きになります。

片付けは結構好きで、捨てるのも大好き。

だけど取り掛かれないだけなんですよね。

はい、全部言い訳です。

掃除するくらいならなんか試作しよーかなーと思ってしまう悪い癖。

このごはんを試作した時は師走ど真ん中でやること山盛りで頭を使い過ぎて

ぶどう糖補給!って言いながら大きめのお茶碗にもりもり盛ってもりもり食べました。

搾菜と鶏肉という意外な組み合わせですが、しめじも入って、おかずが無くてもOKの満足感。

さてもうちょっと片付けますかね。

スコーン

 

遅くなりましたが、2月のメニュー、スケジュールを

アップしました。

どうぞご覧ください。

日数が少ないのに5種類もレッスンを詰め込んで

しまいましたので、たくさんのお越しをお待ちして

おります!

ご予約は新年早々で恐縮ですが、

1月3日より承ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

本日suolaはレッスン納め。

まだまだ仕事は続きますが。

少々消耗しておりますので、今日は早よ寝ます。

12 23

冬至

318938753_5415478865224015_1696196553654706549_n.jpg

 

...でしたね。

陰極まりし時期らしく、恐ろしく冷え込んでいます。

なかなか雪が降らないsuola周辺も今日は何度か

粉雪が舞いました。

気を引き締めて養生に励まねば!

日本では冬至には南瓜を食べる習慣がありますよね。

「ん」がつくものなら良いとも言われます。

台湾では湯圓というお団子を食べる習慣があります。

冬至の頃に台湾にいたことはないので未経験ですが、

陰陽の入れ替わる冬至に円満、団欒を象徴する湯圓を

食べて、幸せを願うのだそうです。

中国の北部では水餃子を食べるそうです。

遅ればせながら今夜我が家は水餃子です。

 

今年は季節の進むのが早いのか、「よってって!」

ではもう菜の花がじゃんじゃん売られていて、この

メニューを2月にやろうと思っている私は結構ドキドキ。

2月まであるやろか。

立春を過ぎた頃にはそろそろ春を意識した食材の存在感が高まります。

菜の花、金柑共に肝を元気にしてくれる食材。

すっきりした柔らかな酸味のドレッシングで一足早い春を感じるサラダを作りましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る